より多くの幸せに貢献しよう!

求人探しや非常勤で働く医師

医師が求人を探すときに最も一般的な方法は、大学時代の同級生や元同僚といった知人からの紹介です。紹介してくれた医師から事前に診療内容などを詳しく聞くことができるので、スムーズに入職ができます。転職経験のある医師に多いのが、医師人材紹介会社の利用です。コンサルタントが転職の相談に乗ってくれて、求人探しや医療機関側との調整も代行してくれます。また、医療機関のホームページを見て自己応募する方法もあります。
非常勤で働く医師は、週に何日かの勤務日を決めて定期的に勤務する定期非常勤と、特定の日のみで当直や健康診断などを行うスポットという働き方があります。非常勤で働く理由は、常勤先の研究日を利用して働く医師や知識習得のためのスキルアップ、女性医師の育児との両立などです。

医師のバイトや経験を積んでのスキル向上

医師のバイトは、勤務内容や勤務先が豊富で、特に女医にとっては日常的になっています。なかには役得を活かし、コンサートの待機医師や大手企業の検診などで破格の待遇だったバイトを経験した女医もいるようです。普段は昼食の時間も取れないほど多忙な女医も、たまのバイトでは美味しい食事をご馳走になるなど、良い気分転換にもなっているでしょう。
しかし、多くの若い医師にはバイトで生計を立てる人もいます。金銭的なことを考えると、より専門性の高い分野を目指し、内視鏡検査やレントゲン、手術などを目指しスキルを向上させていきます。
医師は、経験を積みながら新たなスキルアップのために求人を探し、より多くの人の命を救うため医療機関で働くのです。