確実な歩み

非常勤、アルバイトとしての勤務

一般的に非常勤医師は常勤医師と違い、即戦力として応えることが期待され、採用する条件も経験年数と経歴が重要視されます。医療の職種によってはあまり経験を重視せずに未経験でも採用されることがあります。例えば大手のクリニックなどでは研修体制がしかりしているため経験が少なくても採用されるケースです。健康診断は内科部門の経験者が採用されることが多いです。
非常勤医師やアルバイト医師の場合、保険の加入も常勤医師とは異なり、一定の条件を満たさない場合は自分で国民健康保険などに加入し、確定申告も自分で行う必要があります。しかし、常勤医師とは異なり、ビジネスとして働くという考えが出来るので、時間内だけ働くという形態が取りやすく、突然の当直などということはほとんどないようです。

医師の求人・採用の方法

医師が仕事を探す場合、また採用側が医師を探す場合、登録制度を利用する場合があります。知人の紹介やコネで人間関係を構築したくない場合、事務的に対応できる登録制度は便利です。登録を申し込めば検索機能により求める条件がリストアップされ交渉する機会が出来ます。その場合も本人自らではなく専用のエージェントが対応してくれる場合がほとんどです。交渉は、待遇・給料・面談などの調整まで行ってくれるのがほとんどです。また、転職したい場合や条件の変更などの相談もエージェントに依頼することにより人間関係を害することなく改善することが出来ます。常勤医師以外の医師は、この登録制度により自分の目的とする医療機関に進めるというメリットもあります。